上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日が、レディースディの劇場があるので、ソレ狙いで、
午前中行ってきた~観たのは、先日の繋がりにて、、

かぐや姫1

『かぐや姫の物語』 ・・本当は、宮崎監督の『風立ちぬ』と、
同時公開の予定が、制作が間に合わずに、ココまでズレた。

正直、最初に2作品が立ち上がった時、「かぐや姫・・地味だナ。」
と、心の中で思った。実は、高畑監督の作品、映画館で観るのは
初めてである。公開直後から、口コミ評判が良かったが、ソレでも、
実際観るまでは、あまり期待しないでおこう~なんて思っていた。^^;

ビックリした・・途中から、要所要所で、涙が自然に溢れ、(完)から、
エンドロールになっても、涙が止まらず、(ヤバイ、何コレ~私ドウシタ?)(*T_T*)

♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪:*:・・:*:・♪・:*:・・:*:・♪

誰でも知っている、‘あの’かぐや姫だが、高畑作品の(かぐや)は、
もう少し、人物像を掘り下げ、心の揺れ動きが、ビンビンと伝わってくる。

後は、予告で疾走する迫力シーンが出てくるが、全体的に、躍動感が凄い。

絵柄は、宮崎作品のような、くっきりハッキリなものとは、一線を画して、
まるで、墨絵が動いているような、独特の不思議な世界~でも美しい。

そして、((声優サン達))~ポイントは、ココかもしれない。声を先に録って、
ソレに合わせて画を描く‘プレスコ’という手法が、使われている。なので、
昨年亡くなられた、地井武男サンが、かぐやを育てる、翁役として、
懐かしい声で、迫力ある名演を残されている。本当、素晴らしかった。

ソレ以外でも、かぐや姫の朝倉あきチャン、媼役の宮本信子サン等、皆さん、
画がナイ中、先録りされているせいか、声が自然で、生き生きしている。

後で知ったが、全編2時間17分・・そんなに、長編だったんだ~!?

と言う位、物語に引き込まれて、映画館を出た後も、ウルウル来ていた。^^ゞ
ジブリ作品の真骨頂・・監督、御年78歳。ウーン、もう1作、作って欲しいなァ。

かぐや姫2

*もう少しよく知りたくて、珍しくパンフも買いました。^^ゞ


♪ブログランキングに参加しています♪
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。